個人情報保護方針

社会福祉法人読売光と愛の事業団
理事長 長尾 立子

 社会福祉法人読売光と愛の事業団では、「個人情報の保護に関する法律」の趣旨を踏まえ、当法人経営の各施設・事業所のご利用者並びにご家族の皆さまの個人情報とプライバシーを適切に保護するため、万全の措置を講ずるように努めます。

1.個人情報とは

 個人情報とは、住所、氏名、生年月日など生存する個人を特定できる情報のほか、個人の身体、財産、職種、肩書きなどの属性に関するすべての情報をいいます。亡くなった方に関する情報がご遺族など生存する個人に関する情報でもある場合は、その生存する個人の情報として取り扱います。

2.個人情報の取得について

 個人情報の取得にあたっては、次のことを守ります。
(1) 業務の目的を出来る限り特定し、それに必要な範囲内とする
(2) 思想、信条など個人の人格的な利益にかかわる情報は原則として取得しない
(3) 適法かつ公正な手段で取得する

3.個人情報の管理について

 個人情報の利用、第三者提供について

 取得した個人情報の業務上の利用、第三者への提供については、ご利用契約時にご本人・ご家族から書面による同意をいただきます。業務の範囲を超える取り扱いをする際は改めて同意をいただきますが、以下のような場合は除外します。
(1) 法令に基づく場合
(2) 生命、身体また財産の保護のために必要で、本人の同意を得ることが困難な場合

4.個人情報の開示、訂正・削除、利用停止について

 当法人が保有する個人情報について、ご本人またご家族から開示の求めがあった場合は、書面の交付等により速やかに開示します。ただし、ご本人また第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害するおそれがある場合は全部また一部の開示を控えさせていただきます。

 また、ご本人等から本人情報の訂正・削除、利用・第三者提供の停止を求められ、これが適正であると認められるときは、速やかに相応の措置をとります。

5.個人情報の管理について

 個人情報は正確かつ最新のものとするように努めるとともに、改ざん、滅失、毀損、漏えい等の事故防止を図るため、日常の管理体制に万全を期します。業務の委託先に対しても同様の取り組みを要請します。万一、問題が発生した場合には、速やかに是正措置をとるように努めます。

6.秘密の保持、職員教育について

 職員は、当法人の就業規則第54条(職員の心得=在職中に限らず、退職後においても職務上知り得た秘密を他にもらしてはならない)を順守し、個人情報保護に努めます。また法人は、全役職員に対して個人情報保護の大切さを理解した上で適切な取り扱いに努めるよう教育を徹底します。

◆この件についてのご相談・お問い合わせ先◆
よみうりランドケアセンター
事務局(事務長・笠置恭輔)


Page Top